田光マコトの"とりあえずこれでいいや"

歌謡ロックバンド"ザ・パーマネンツ"のVo&Gt、インディ・レーベル"YOUNG RECORDS"のタコ社長です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ、いいなぁ~

子育てに追われて、久々の日記になってしまいました


ギタマガの新製品レポの取材でこんなギターを試奏してきました。

2022178_1006240216_136large.jpg
ギブソン 1960 エリック・クラプトン・レスポール。
http://1484.bz/e/gibsonec60lp/

ブルース・ロックの名盤「ジョン・メイオール&ブルース・ブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン」で弾いていたギターを再現したものです。
2022178_1006262420_134large.jpg

クラプトンはこれでレスポール+マーシャルという王道の組み合わせを確立したんですねー。
このアルバムのギターの音、ずっと理想の音だったんだよね~。


さていざ弾いてみると…


やばい、欲しい(笑)。


定価73万9千円・・・。


嗚呼、あまりにも手にしっくりきてしまったあの感触が忘れられない。
思い入れが強くなりすぎて、原稿リライト3回め。

試奏しなきゃ良かった…かな!?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。